〜chamaの裏庭note〜
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 庶民の寿司屋くらべ | main | 今日は充実した1日でした。 >>
登ったよ!富士山  〜1日目のその 
 7月11日(土)

2日前までの天気予報は曇り雨。
雨の中の登山を覚悟したけれど、
前日から一転、曇り晴れ。
やっぱり晴れ女だな、私。

家を4時に出て、同行者を拾いながら、富士山へ向かう。
高速道路で、だんだんと近づいてくる富士山、くっきり見えた。
麓までは曇り空で、5合目まで登る途中から、だんだんと雲が晴れてきた。
緑と青が鮮やかになり、同行者がPCの画面のようだと言っていた。
(もともとPCを、買った時から入っている、画像のことらしい)
雲が下に見え始め、ワンピースの空島だとも言っていた。確かに!

9時に5合目着。
近い駐車場はいっぱいで、1.5km離れた路肩に面した駐車場に誘導される。
仕方がなく停めて、準備をする。晴れているけど風は冷たかった。
歩いて5合目まで向かうけれど、途中にぽつりぽつり駐車場は空いていた。
「なんだここも空いているよ」とかみんなでいいながら、15分ぐらい歩いて到着。
もう一組の同行者夫婦は先に到着していた。
全員集合、旦那、旦那友人2名、私の会社同僚3名、私。
今回7名で登山。

5合目はツアーのバスもばんばん到着するし、観光客もたくさんいた。
レストランに入って、朝ごはん食べたり、トイレを済ませたりして、
1時間ぐらい休憩してから10時半、登山開始。


5合目から6合目
天気が最高によい!けど歩くと暑すぎる!!
そして日が痛い!日焼け止めを塗っておいてよかった。

ちょうどここら辺で、朝ご来光を見て下山組らしき人とすれ違うが、
みんなそれはとても疲れた顔をしていた。
明日の私達もだろうね〜とか笑っていたら、
同行者の奥さんが前日登った人のブログかなにかに、
雷と雨が凄かったと書いてあったと言った。
え〜!
頂上まで見えるぐらい天気がいいが、私達も平気かちょっと不安になる。


6合目から7合目
ますます雲が下に見えてくる。不思議、けれどとても綺麗!
しかし、日頃運動していないせいか、不覚にも息があがりはじめ休憩が多くなる。
このころぐらいから酸素が薄くなってきた気がする。
そして旦那グループは、スローペースな私達をおいてぐんぐん先に上がってしまう。


さらに7合目が近づくにつれて岩場が出てきた。
これくらいはまだまだ〜!!

しかし7合目から上は、所々山小屋があって、
その外にベンチがあったりして休憩しやすい。

それにしても富士山、「ココハドコデスカ?」ってぐらい外国人が多かった。
苦しんで登っていると、後ろから来た外国人に「ヨイショー、ヨイショー」ってあおられたし…。
「どうぞお先に」と日本語でかわした。

そして登山のお供も、カルチャーショック!!
バナナはまだしも、りんご丸かじりして、食べかけでしまっていた…。
けれど食パンに、スライスチーズを挟んで食べてたカップルがいて、おいしそうだった〜。

実は私は小さい頃から夢見ていた、「富士山の上でおにぎりを〜」を実現できたのでした。
100人の友達と一緒ではないのと、頂上に着く前にお腹がすいて食べてしまったけど。
朝3時に起きて作ったかいがあった〜。我ながらおいしかったな〜。
たぶん富士山で食べたからだろうけど。


7合目から8合目
下を見ると雲がだいぶ下だし、時折吹く風が凄く強くなる。けど天気はいい。
そして登山というより、ロッククライミング?岩場を登るようになる。
そんなにしがみついて登らなくてもいいのだろうけど、
不意な風が凄く強くて怖かったので、慎重に登る。
ここまでくると酸素がうすいようなではなくて、当たり前だけどうすい!
深呼吸をしても酸素が足りない。
少し歩くと苦しくて息が苦しい。
喘息を持っていたので、発作の時を思い出した。
つらいとか考えられず、ひたすら登るしかなかった!

もくもくと岩場を登り、予定通りの15時半頃に宿泊する山小屋へ到着。
私達が1番のりだった。

日記も一旦休憩、つづく。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://chama-uraniwa.jugem.jp/trackback/25
TRACKBACK