〜chamaの裏庭note〜
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 重い腰があがった | main | 最近のお菓子事情 >>
見る視点

 昨日はCATVで、「ハンサムスーツ」を見た。
映画の内容もよかったけれど、その他にすごく興味津々だったところ。
主人公が切り盛りしている、食堂のインテリアがかわいい。
窓とか、壁紙とか、店内の照明とか。北川景子さんの着ている服とかも。
昭和ポップ?文化屋雑貨店(懐かしい)とかで売っていそうな柄達。

映画とかドラマとか見ていると、周りのインテリアに目がいってしまう。CMも。
ストーリーもありきだけど、その後ろのインテリアが楽しみで見るものも過去にあった。
そうだよ。プロが集まって作り出しているものだし。
テレビからも、インテリアのヒントいっぱいあるんだよな〜。

最近だと、アフラックのCMは、歌が有名になったけれど、
私はCMがくるたびにその周りのインテリアに釘付け。
白い壁の平屋。縁側があって、庭があって、緑がいっぱい。ああいう家に住みたいのですよ。
部屋の中もちらちらと映る、いすやら、カバーやらかわいいものいっぱいなんだよ。

数年前のドラマ版の「いま、会いに行きます」もツボでした。
映画も見たけれど、そちらはどんなインテリアか忘れてしまった。
映画もドラマもセットは同じだったかな???
ドラマの方が、何回にも分かれていたので印象的。

そしてもうひとつ印象深いのが、これまた数年前のドラマ「おいしいプロポーズ」。
主人公が友人と住んでいる家とか、働いているイタリアンのお店のインテリアが最高にツボ。
インテリア以外でも、主人公の着ていた服も毎回可愛かった〜。もう隅々まで見てるよ。

といった感じで、そういった側からもテレビ見るの楽しんでる。



スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://chama-uraniwa.jugem.jp/trackback/146
TRACKBACK