〜chamaの裏庭note〜
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

登ったよ!富士山 〜1日目◆〇馨屋編〜

7月11日(土)山小屋にて

15時半頃、8合目の山小屋蓬莱館へ到着。
外で一休みして落ち着いて下を見てみると、下がまったく見えず見渡す限り雲の上。
夕方に近づく時間だったので、雲がピンク色でした。
どんどん人が岩場をはいあがってくるし、なんだか天国(ならいいけど)へ行くのって、
こんな感じかもって思った。それで、空の住人になったようで変な感じ。
写真とらなきゃって思ったけれど、ま、いっかって思い写真撮りませんでした。(後悔)

山小屋へは一番に到着で、山小屋の方のご厚意で、寝る場所が選べてラッキーでした。
夜ごはんの時間を17時と伝えて、1時間ぐらい仮眠した。
ウトウトしているうちに、すぐに起こされる。変に寝たので、少し頭が痛くなってしまった。
晩御飯はカレーだったけど、お腹にいれただけで、味とかおいしいとかわからないまま食べた。
次の日の朝ご飯の釜めしもここでもらう。もうすでに温めてあった。
食べ終えて、山小屋の方に起こしてもらう時間を伝えて、また仮眠をした。
起こしてもらえる!とても助かりました。
 
いい感じで寝ていると、途中でツアー客が入ってきたようだった。
耳栓していたので、遠くのほうが何かがやがやと、あーでもないこーでもないと。
何度か雑音が耳に入り、目が覚めてしまった。もし耳栓なかったら、全然寝れなかったと思う。
同じく耳栓をしていた会社の同僚は、全くがやがやに気付かなかったと言っていたし。
しばらくするとツアー客も寝たようで、山小屋がすごく静かになった。


起床!出発!の前に事件が発生!

そうこうしているうちに22時半になり、山小屋の方に起こしていただいた。
のそのそと起きて、出発の準備をしていると、先にトイレに行った旦那が、
「雲が晴れて、夜景が見えてとても綺麗だぞ」と教えてくれた。
私もトイレに行こうと外に出る。風が強くて一段と寒くなっていた。
夕方とは一変、雲が晴れて下の街の夜景が一面に見えた。
綺麗の他に、高さという迫力があったから断然にすばらしかった。
それと下からライトが連なって、たくさんの人が上がってくるのも見えました。
あの灯りはみんな同じ目的で、もくもくと向かってんだな〜すごいと思った。

さてさてそろそろ行こうかとみんなが靴を履き始めると、
旦那が寝ていたところと広間をあわてて行ったり来たり、
どうしたのか尋ねると、登山靴が無くなったという。
旦那の靴は途中で両方の底がはがれ始めていて、テーピングで止めてだましだまし登っていた。
「え〜、あれを誰が間違えるの?」っと言ったが、「無いものは無い」と言う。
一緒に、私達の荷物を置いた場所とか、寝ていた場所とか見るがない。
これ以上の捜索は無理だし、他の方は寝ているので、山小屋のスタッフに探してもらうように頼む。
山小屋のスタッフも、「まだ出発した人はいないので〜」と、少々探すのめんどくさそうに回答。
めんどくさいのはわかるが、この先探してくれないと困るし、まだ誰も出発してないなら、
なおさら誰か荷物間違えてもっているでしょ〜と、寝起きだった為その対応に切れ気味でしたが、
しかしここで私が寝るのに苦しんだ、ツアー客のあーでもないこーでもない会話が、
かすかに聞こえたのが、事件を迅速な解決へと導くのに役立ったのでした!

〇簔がご飯を食べた後寝ていると、おばちゃん連中が足元のベットに案内されてきた。
荷物をとき始めたりしていたが、その後に山小屋の人に言われて、
 上のベットに行ってくれと言われていた。
B元の荷物をがやがやと上げる音が聞こえた。それは私達の荷物も置いているところから。
登山靴は白いビニールの袋を一人一人配られて、みんなその中に入れていた

山小屋の人におばちゃん連中が怪しいと説明すると、あ〜って顔をして(ように見えた)探し始めた。
その後はすぐに見つかって見つけたスタッフに、めんどくさそうにしたスタッフが、
どこにあった?って聞いていたが、やっぱり上にあったと言った。ふん!私の推理はあっていた!

さてさて無事に登山靴も見つかって一件落着したので出発!
この時筋肉痛等もまだなく、体力は思ったより断然あるが、
寝てもやっぱり頭が少し痛いのは治らず、不安なまま23時に山頂へ向けて出発しました。


つまらない内容で、なんだかだらだらと、長くなってしまった。
でも最後までお付き合いください。
ではまたまたさらに、つづく。

登ったよ!富士山  〜1日目のその 
 7月11日(土)

2日前までの天気予報は曇り雨。
雨の中の登山を覚悟したけれど、
前日から一転、曇り晴れ。
やっぱり晴れ女だな、私。

家を4時に出て、同行者を拾いながら、富士山へ向かう。
高速道路で、だんだんと近づいてくる富士山、くっきり見えた。
麓までは曇り空で、5合目まで登る途中から、だんだんと雲が晴れてきた。
緑と青が鮮やかになり、同行者がPCの画面のようだと言っていた。
(もともとPCを、買った時から入っている、画像のことらしい)
雲が下に見え始め、ワンピースの空島だとも言っていた。確かに!

9時に5合目着。
近い駐車場はいっぱいで、1.5km離れた路肩に面した駐車場に誘導される。
仕方がなく停めて、準備をする。晴れているけど風は冷たかった。
歩いて5合目まで向かうけれど、途中にぽつりぽつり駐車場は空いていた。
「なんだここも空いているよ」とかみんなでいいながら、15分ぐらい歩いて到着。
もう一組の同行者夫婦は先に到着していた。
全員集合、旦那、旦那友人2名、私の会社同僚3名、私。
今回7名で登山。

5合目はツアーのバスもばんばん到着するし、観光客もたくさんいた。
レストランに入って、朝ごはん食べたり、トイレを済ませたりして、
1時間ぐらい休憩してから10時半、登山開始。


5合目から6合目
天気が最高によい!けど歩くと暑すぎる!!
そして日が痛い!日焼け止めを塗っておいてよかった。

ちょうどここら辺で、朝ご来光を見て下山組らしき人とすれ違うが、
みんなそれはとても疲れた顔をしていた。
明日の私達もだろうね〜とか笑っていたら、
同行者の奥さんが前日登った人のブログかなにかに、
雷と雨が凄かったと書いてあったと言った。
え〜!
頂上まで見えるぐらい天気がいいが、私達も平気かちょっと不安になる。


6合目から7合目
ますます雲が下に見えてくる。不思議、けれどとても綺麗!
しかし、日頃運動していないせいか、不覚にも息があがりはじめ休憩が多くなる。
このころぐらいから酸素が薄くなってきた気がする。
そして旦那グループは、スローペースな私達をおいてぐんぐん先に上がってしまう。


さらに7合目が近づくにつれて岩場が出てきた。
これくらいはまだまだ〜!!

しかし7合目から上は、所々山小屋があって、
その外にベンチがあったりして休憩しやすい。

それにしても富士山、「ココハドコデスカ?」ってぐらい外国人が多かった。
苦しんで登っていると、後ろから来た外国人に「ヨイショー、ヨイショー」ってあおられたし…。
「どうぞお先に」と日本語でかわした。

そして登山のお供も、カルチャーショック!!
バナナはまだしも、りんご丸かじりして、食べかけでしまっていた…。
けれど食パンに、スライスチーズを挟んで食べてたカップルがいて、おいしそうだった〜。

実は私は小さい頃から夢見ていた、「富士山の上でおにぎりを〜」を実現できたのでした。
100人の友達と一緒ではないのと、頂上に着く前にお腹がすいて食べてしまったけど。
朝3時に起きて作ったかいがあった〜。我ながらおいしかったな〜。
たぶん富士山で食べたからだろうけど。


7合目から8合目
下を見ると雲がだいぶ下だし、時折吹く風が凄く強くなる。けど天気はいい。
そして登山というより、ロッククライミング?岩場を登るようになる。
そんなにしがみついて登らなくてもいいのだろうけど、
不意な風が凄く強くて怖かったので、慎重に登る。
ここまでくると酸素がうすいようなではなくて、当たり前だけどうすい!
深呼吸をしても酸素が足りない。
少し歩くと苦しくて息が苦しい。
喘息を持っていたので、発作の時を思い出した。
つらいとか考えられず、ひたすら登るしかなかった!

もくもくと岩場を登り、予定通りの15時半頃に宿泊する山小屋へ到着。
私達が1番のりだった。

日記も一旦休憩、つづく。
登ったよ!富士山 


7月12日の早朝、無事に富士山山頂にて、ご来光を拝めました!

次の日の今日も無事に会社に出社できたし、
駅の階段が下れないぐらい、足の筋肉痛は凄い痛いけど、
体調はすこぶるいい!(登山帰りの車内やら帰ってよく寝たから)

けど日常に戻ると、土日遊んだ為に、雑用がたくさん!

大したことはないけれど、今後ゆっくりと富士登山日記を、
書いていきたいと思います。

本日は報告と見事なご来光の写真のみで!




登るよ!富士山

今年は富士山に雪が残っているらしく、山開きも遅れそうでしたが、、
無事に7月1日に山開きをしたので、来週の土日は富士山に登頂します!!

今日は、レインウエアなど最終道具を調達しに、近所のスポーツ用品店へ。
今回は、登山靴は友人に借りたけど、それでも予想以上の出費でしたが、しょうがない。
旦那は大山登山によく友人と行くので、まあこれから先も使用するからいいけどね。

私も今回お金をかける以上、これを気に本格的に登山を開始しようかなって、
今回一緒に登る会社の同僚(女子)と、話しました。
秋ぐらいに、どこかへ行こうかと話している。
私は先日、八ヶ岳に行ったので、「編笠山」が気になるって話をしました。

そういえば、「アウトドア女子(ガール)」って流行ってるらしく、
いろんな雑誌で特集とか組まれてるよね。
流行ってあまり好きではないけど、今回うまく波に乗っているかも?!


登るよ!富士山 
 そういえば、今朝は会社から富士山見えたけど、
まだ結構雪が残っていたよ。

山小屋に確認すると、29日に調査が入るので、
また連絡しますとの事。

早速いろんなサイト調べてみて、
見やすかった、あっぱれ富士登山によると、
今年は雪が多いらしい。

新着情報の6月20日に登った方の写真なんか、
雪山だよ〜。

今年もあきらめるの〜?
登るよ!富士山

今年の夏7月11日〜12日に、
富士山登頂に挑戦します!
メンバーは私の会社チームと、
旦那の友人チームで!

11日昼頃5合目から登り、8合目山小屋泊、
12日の朝のご来光を見て、下山しようという計画。

しかし今日、山をよく登っている、
一番頼りにしていた人が、
仕事の関係で不参加と連絡あり…。

みんな口をそろえて「予定外」

う〜ん。
1名富士山登頂経験者はいるし、
旦那の友人チームは、
よく大山へ登山へ行っているけど、
しかし登山の素人の集まり。
それと7月も上旬だと、残雪で登れなかったりするらしく、
登頂可能かどうか山小屋から連絡待ちです。

「富士山 日本一の山 3,776m」

どうなってしまうのだろう、、、